オイリー肌だと思ったら、、

学生時代、顔の中心部の目立つところ(鼻の頭など)に大きなニキビが出来る事が多く、目立つ場所なので出来たときはとても悩みました。

 

洗顔も、【ニキビ予防】をうたっている洗顔に変えたり、ニキビが出来た後はニキビ用のクリームをつけてみたり、色々試してみたのですが、効いているのか効いていないのか何週間かしてようやく消えてくれるといった具合でした。

 

ある時、ドラッグストアで自分の肌質を知る機会があったんです。

 

ニキビがよく出来るからオイリー寄りなんだろうな。と、想像していたのですが、意外にも私は混合肌だったのです。

 

一部はオイリーだけど、一部はドライ。というものでした。乾燥肌だとは微塵も思っていなかったので自分では驚きの結果でした。

 

 

 

そうなってくると、普段使っている化粧水・洗顔なども変わってきます。当時の私は化粧水は肌がベタつくのであまり好きではありませんでした。しかしそれは自分の肌のコンディションに合っていない化粧水を使用していた事が原因でした。その為、べたべた感が出るので化粧水は勿論、乳液や美容液なんて殆ど使用せず、爽快感のある洗顔を頻繁にしていたのです。

 

ニキビが出来ていたのは、この行為が原因だったのです。

 

実はオイリー肌だと出来やすいと思われるニキビですが、お肌が乾燥する事によって出る事もあるのです。

 

その結果を受けて私が変えたのは3つです。

 

 

 

1.自分の肌質にあったケアに変える

 

2.季節によってケアの仕方を変える

 

3.洗顔の仕方を変える

 

 

 

1.に関しては、今までは化粧水だけだったのを、化粧水→乳液→収れん化粧水に変えました。収れん化粧水を最後に使う事でお肌自体は保湿していながらサッパリした肌になりました。

 

2.また夏など汗をかきやすい時期は乳液などは使用せず、化粧水だけを使っています。

 

(これはあまりオススメしませんが。)

 

3.洗顔は気持ちいいので、ゴシゴシ洗ってしまいがちですが、出来る限り手やスポンジで泡を作り、泡だけで洗う様に優しく洗ってあげるだけで汚れは十分落ちます。これは特に効果有です。

 

それからニキビ知らずになりました。

 

ニキビで悩んでる方は一度自分の肌質を改めて調べてみるのもいいかもしれません。